旅するようなTea house

スリランカの紅茶北欧デザイン

旅先では、ゆったりと流れるジカンを楽しむのも旅の醍醐味。
大切なヒトと、また時には一人で。
ロージーティーハウスよっかいちは日常の小さな旅先として、
わくわくしながらご自宅からお出かけいただく、
そんなお店でありたいと思っています。

「紅茶×北欧デザインの家具やモノたちがつなぐ旅」
に出かけたように、
ゆっくりとお茶ができるコト、空間をお楽しみください。

  • ムレスナティー
  • ムレスナティー
  • ムレスナティー

MLESNA TEA HOUSE

私たちが提供するムレスナティーは
紅茶大国スリランカの年間20万トンに及ぶ茶葉の中から最高品質の茶葉、
それも香りの豊かさを追求して若芽に限りなく近い部分のみを
厳選したムレスナ(MlesnA)社が提供する紅茶です。

HISTORY OF MLESNA TEA

ムレスナティーを日本に持ちこみ、
世界に通用するフレイバーティーをブレンドした
デイビット・K氏&「すごい舌を持つ」
ムレスナ社のアンスレム氏

パッケージにある「ディヴィッド.K」のサイン。この人こそ、日本にムレスナティーを広めた社長です。彼はゼロからスタートし、様々な危機を独創的な発想で切り抜けてきました。1985年、25歳の時に念願の会社を立ち上げ、海外の雑貨等を輸入販売していたディヴィッド。ある時、クライアントに「このスリランカの紅茶が美味しいから仕入れて」と頼まれたのが、ムレスナ社に出会ったきっかけでした。
スリランカでは、もともとブレンドされていないお茶が流通していましたが、品質はバラバラ。そんな中、特性・季節などの相違を相殺する為にブレンド技術が生まれ、年間を通じて同じクオリティの紅茶を提供できるようになりました。

このブレンド技術に欠かせないのが「ティーテイスター」と呼ばれる専門家です。 数多のティーテイスターの中でも「すごい舌を持った」先駆者アンスレム・B・ペレラ氏。彼こそがムレスナ社の創業者です。現在は世界57カ国以上へ提供する最大級のティーブランドです。
そんな最高品質の紅茶に、日本の風土や味覚に合わせたフレーバーを施し、オリジナルのパッケージに包んだのがディヴィッド.K。それが「ムレスナティー」なのです。

ムレスナティーが
本当においしい理由

ムレスナティーが本当においしい理由

1ヌワラエリア産
 F.B.O.P(ハイグロウン)へのこだわり

ムレスナ社の紅茶はヌワラエリア産F.B.O.P(フラワリー・ブロークン・オレンジ・ペコ)に香りづけをしています。創業以来ハイグロウンにこだわり続け、常に高いクオリティーのヌワラエリア産F.B.O.Pを買い付けているため、現在もほぼ独占状態にあります。

2若葉主義

20年前渋みと苦みのバランスこそがおいしい紅茶とされていた時代に新芽は重要視されていませんでした。しかし、その若葉の新芽にこそ紅茶の本当のおいしいさが隠れていると見抜いたアンスレム氏。その考えは今も変わりません。

3最も鮮度がよいと言い切れる訳

スリランカではほぼ365日茶葉の栽培が行われ、年間を通してオークションが開かれます。農園を持たないムレスナ社は、大量の在庫をかかえることなく、その時々の最高の状態にある茶葉を厳選し提供するため、最も鮮度がよいと言えるのです。

4重要なのはコストよりクオリティー

「ムレスナ社はオークションの仕入れ値を気にしない」ということはスリランカでは有名な話。農園を持てばコストは下がりますが、品質を保つことが困難になります。なぜなら同じ畑の茶葉は常においしいとは限らないからです。クオリティーを維持するため、ムレスナ社は最高の茶葉を最高のテイスターが選び続けています。

5世界に通用するフレーバーティー

ムレスナ社のフレーバーテイストは、どちらかといえば欧米人向けのテイストです。しかし、ディヴィッド.Kのブレンド技術によって、アジア人向けの数多くのフレーバーが完成されました。ムレスナティーはスイスの香料メーカー「ジボダン社」の天然香料を使用。数多くのフレーバーは紅茶ファンを虜にしています。また、紅茶の箱に書かれた彼のメッセージも人気の秘密です。

紅茶と椅子が旅の途中で出会うTeahouseRosie tea house yokkaichi

中国で生まれたお茶は東洋の文化としてヨーロッパへ。アジアのお茶の文化は、飲み方の作法や古くは貴重な薬としての効能があると言われ、貴族や富裕層の間でもてはやされ、欧米で進化を遂げ世界に広がって日本にもたらされました。その過程では、コーヒーを楽しむ男性の社交の場である「カフェ」が主流であった時代もありましたが、フランスでは「サロン・ド・テ」なる女性がおしゃべりを楽しみながら紅茶をたしなんだとも言われています。そして、私たちが扱う「ムレスナティー」はスリランカで生まれ、日本へやってきました。

一方で椅子については、所説はあるものの。その歴史は、3000年以上前の古代エジプトに遡りますが、アジアでの椅子文化は中国の明朝時代の国家の君主が使う座具である玉座から始まったとされています。王座とは象徴的な意味では、玉座が君主制や王権そのものを指すこともあります。そんな椅子も紅茶と同様に欧米へ継承されていきます。例えば、私たちのお店でご利用いただく「Yチェア」は中国の椅子をベースにして理想とする機能的でシンプルな形を見出してデンマークで生まれました。

スリランカの紅茶と北欧デザインの椅子は、
それぞれの地の文化として世界を旅して
ここRosie tea house yokkaichiで出会いました。

サスティナブルな紅茶のはなし

2017年セイロンティーは150周年を迎えました。お祝いのティーコンベンションではサスティナビリティ、つまりは持続可能な紅茶についての講演が行われました。今後の課題や今取り組んでいること、そしてこれからのセイロンティーや紅茶市場についてのお話がありました。考え方としては、持続可能な開発目標「SDGs(Sustainable Development Goalsの略称)」という考え方。2030年に向けて全世界が合意した未来像・目標に向けて一人一人の意識を変えていこうという内容です。スリランカの紅茶業界でも同じような協定があります。「ETP(エシカルティーパートナーシップ)」茶摘みから消費者のもとに届くまで社会的責任を果たされるべきという考えに基づき国際的基準や自発的協定制度が設けられています。

SDGs

Instagram

ロージーティーハウスよっかいちインスタグラム、定期更新中!

  • 【ブルーベリー8月17日まで】季節ごとに旬を取り込んだパンケーキは定番メニューです。開業の時の「プレーン」から始まり、春は「いちご」、そして新茶の季節には「かぶせ茶」と旬を地元産にこだわった素材とあわせて展開してきました。真夏の今は「ブルーベリー」です。このブルーベリーは四日市市桜町にある@sakuraberrysgarden1155 さくらベリーズガーデンさんの王様ブルーベリーを使っています。園長の山原さんは、『作り手の気持ちが伝わるお店にブルーベリーを使ってほしい』と、大切に育てた我が子のようなブルーベリーを当店で使用することを快諾いただきました。パンケーキに合う一番おいしい食べ方を山原さんと相談して①ジャムにしてパンケーキ生地に練り込んで焼くこの写真は断面です。のっけたバターとブルーベリージャムの相性の良い事! そして、3枚目の写真はブルーベリージャムを作っているところです。まさに「アントシアニン」たっぷりの「赤、青、紫」が混ざり合った色ではないでしょうか。Tea houseのキッチンスタッフ曰く、「一般的なブルーベリーと比較して、色がすごい!」そうです。②ベストマッチのクリームチーズとレモンを効かせた生クリームを添えてブルーベリーを引きたてる③冷凍のままのブルーベリーものせる最後に紅茶専門店ならではのソースはブルーベリーフレーバーの紅茶と砂糖を煮詰めてご用意しました。そんな旬を取り込んだパンケーキは「8月17日で終了予定」です。どうぞ「食べ逃し」なく!あっ、お皿ははTea houseのお気に入りの@jmezon_official です。普段使いにも、ハレの日にも、使いたい地元四日市の万古焼のお皿です。店内で展示販売のコーナーもございます😊
  • 【コロナ禍での開業】私たちTea houseは、コロナ禍の昨年12月8日にオープンしました。店舗の改装の計画は、昨年の春頃からはじめましたが、既にコロナがまん延していた事もあり、「コロナ感染の拡大」を折り込んだ店舗をつくるというチャレンジからのスタートでした。例えば、1枚目の写真のように店舗の最も奥まったところに「天窓」をつくり、この窓から光を取り込みながら換気を促す事にしました。3枚目の写真の通り、室内の空気は「空気清浄機付のファン」で室外へ送り出しています。そして、1枚目の写真ではわかりにくいですが、2枚目の写真の通り「テーブル間に、天井からアクリル板」を吊り下げて飛沫対策をしています。紅茶専門店で、ティーフリー(紅茶飲み放題のセットメニューが人気です)を導入していますので、お手洗いに立たれる機会が多くなります。そこで、上から吊り下げる方法として、足元に引っかかる危険も、また圧迫感も少ないと思います。吊り下げるワイヤーについては、細さを変えて二度やり直し、今のものにしました。落下の心配がなく、また存在感が少ない最善の細さです。また、空気清浄機は医療用の大型のものを設置し、出入り口の検温器は今日から導入しました。花粉症のスタッフさんも、店内では全くアレルギーが出ないと言っています。結果、7月には「みえ安心おもてなし施設」に認証いただきました。認証検査のためにお店にご来店いただいた方曰く、この「アクリル板の設置は、他では見た事がない、よい方法」とご意見いただきました。https://www.pref.mie.lg.jp/KANKO/HP/m0145700085.htm以上のように、まずはTea houseのスタッフさんの健康を守り、そしてお迎えするお客様に安心感を持ってお越し頂けるよう、そして快適性を高めた店舗でありたいと願い今でも試行錯誤する日々です。尚、この改装については、家主様でもある@forestomori 社にお願いし、より安心で快適なお店のためのたくさんのアイデアをご提案頂きました。 また、四日市商工会議所様のアドバイスで各所からのコロナ対策の補助金を受ける事ができた事も、併せてお知らせ致します。多くの方々に支えられて、今のTea houseがあります。
  • 【雨の日は】久しぶりの雨の朝。猛暑の日々でしたから、人にも自然にも恵みの雨ですね。雲が低いこんなスモーキーな日は、Tea houseで紅茶をどうぞ。お庭が見えるお席からは、緑豊かなグリーンたちを眺めたり。椅子ディスプレイのあるお席では北欧デザインの空間をお楽しみ下さい。11時からのお席のみ、椅子をご指摘いただきご予約いただけます。お席はwebをご覧ください。ホームページのトップページにございますnewsの6月12日のお知らせをご覧ください。(コロナ禍ですので、カウンターはクローズしております)。https://www.tabiic.com/rosieteahouseyokkaichi/news.php?id=8今週もよろしくお願いします。
  • 【ご縁に感謝】昨日、お帰りになられたお客様のテーブルを片付けていたら、こんなお手紙が添えられていました。書かれていたメッセージは….2枚目の写真をご覧下さい。スタッフみんなで共有させて頂き、本当に優しい気持ちになりました😊。このお手紙を残して下さったのは、70代後半かなぁお見受けするお母様とお嬢様です。ご来店の時には、いつもランチを完食されるお母様。お気に入りは3枚目の写真の「ベジライス」。伊賀米に十六穀を加えたごはんに、蒸し野菜、生野菜をどーんと乗っけて、蒸し鶏と温泉卵をトッピング。そして自家製のドレッシングをたっぷりかけています。おふたりは、ティーフリー2時間の間(夏休み期間、セットメニューには毎日紅茶飲み放題サービスがついています)ずっとニコニコ会話を楽しんでみえます。同じ時間にお隣りには、就職が決まった大学生の仲良しおふたり様が。入社までの間、どう時間を過ごすかなど、これまた楽しそうに盛り上がっていました。そして、奥には2歳くらいのお子様連れのご家族様や50代くらいのご夫婦様。このように、Tea house のお客様はいろんな年代やお客様にご来店頂いております。もちろん、お一人様や男性だけのグループ様もみえますよ。私たちは、年代も性別も、そして個性も、様々なお客様に愛されるTeahouseでありたいと願っています。明日は定休日です。今日もお待ちしております♪
  • 【明日からの水出し紅茶】ご飲食でご来店のお客様に、お水の代わりにお出しするのが「水出し紅茶」です。お水でじっくりと出してから、冷蔵庫で冷やした紅茶が「水出し紅茶」です。お水で出すと、カフェインが出にくく、すっきり爽やかな風味の冷たい紅茶です。昨年12月の開業の時から、そのフレーバーは季節毎に変えています。最初は「純白桃」、「ニューヨークオレンジ」、「楊貴妃の果実(ライチ)」、「きらめき果実」、「白桃メロン」。そして夏になってから展開していました「レモン・サワーサップ」がなくなり次第、明日から「アイスシャワー」になります。「アイスシャワー」は、ストロベリー・ジューシーオレンジ・サワーサップをブレンドしたトロピカルなフレーバー。まさにその名の通り、飲んだ瞬間にお口に「冷たいシャワー」が飛び込んでくる感じです。販売用の紅茶のボックスのイラストも、まさに真夏🌈。「水出し紅茶って美味しいよね❤️」という提案のフレーバーは、販売については数量限定です。
  • 【 紅茶パフェ 】オリンピック観戦の合間に、今日もご来店ありがとうございました😊暑い、熱い、今ですし、やっぱり紅茶パフェ好評です❤️クラッシュアイスはムレスナティーの「キャラメルクリーム」と「マロンパリ」のフレイバーティーをブレンドし、種子島から届いたミネラルたっぷりのお砂糖を加えて作っています。トッピングはアイスクリームと生クリーム🌟 そして、クラッシュアイスがとろけてきたら、添えております「ミルク」を上からたら〜っとかけて下さい。アイスロイヤルミルクティーとしてもお楽しみいただけます❣️パフェの後は、あったかいムレスナティーが一杯ついていますので、おなかを温めて下さいね。では、明日もお待ちしております😊
  • 【やっぱりカレー🍛】昨日のTea houseはカレー🍛祭り⁉︎でした。暑い、熱い、夏は「スパイスがビシッと効いたカレーで代謝アップ」を、という思いの方々が多いようです😊 昨日のTea houseのキッチンはカレーのお皿が積み上がっているくらい、たくさんの方にカレー🍛をお召し上がり頂きました。私たちがご提供させて頂くカレー🍛は、スリランカからのスパイスを煮込んでベースを作っています。その様子とスパイスの効果については、ちょうど6日前のInstagramでも動画でご紹介しています。スリランカは、スパイス生産地としても名高く、3年前に訪問した時には「生のコショウ」を買い込んで来た事を思い出します。そんなスパイスと、その日の「水出し紅茶」を加えたカレー🍛は、ムレスナティーとはベストマッチなのです。それはまるで、日本酒とお寿司、ワインとイタリアンのような産地のお料理と言ったところでしょうか😊 紅茶の産地スリランカでは、カレー🍛はソウルフードなのです。夏休みの間は、平日だけでなく「週末と祝日」もティーフリーですので、カレーセットも紅茶飲み放題のサービスがついています。ふるさとが同じ、カレー🍛とムレスナティーを存分にお楽しみ下さい❤️

Rosie tea house yokkaichiACCESS MAP

駐車場のご案内

〒512-805
三重県四日市市札場町437-1

徒歩2分の専用駐車場を
ご利用ください。

新型コロナウイルス
感染予防対策について

ご来店いただいた際には、お客様にも手指の消毒の実施、マスクの着用をお願いしております。
1時間に1回換気を行い室内の空気を入れ替えることに努めております。
スタッフ及びお客様同士の距離感に十分配慮の上ご案内いたします。
打合せ等で使用した部屋は、アルコール除菌・掃除・換気を徹底して行っております。

手指の消毒

手指の消毒

マスクの着用

マスクの着用

こまめな手洗い

こまめな手洗い

距離に配慮

距離に配慮

代表者お支払い

代表者お支払い

来店人数の制限

来店人数の制限

室内の換気対策

室内の換気対策

検温・体調管理

検温・体調管理

定期店内消毒

定期店内消毒

テイクアウト

テイクアウト

※弊社では新型コロナウイルス・インフルエンザに伴う感染予防対策として、店舗スタッフのマスク着用を実施しております。
お客様ならびに店舗スタッフの健康と安全確保を考慮したものであり、店舗スタッフが体調不良によりマスクを着用しているというわけではございません。
会話が聞き取りづらく不快感を感じる場合があるかもしれませんが、ご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。